topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタディーツアーに行こう - 2013.09.06 Fri

2015年の1月か2月、インドネシアへのスタディーツアーを企画しています。

うちの農園ではインドネシアの研修生を受け入れているのだが、そこの研修生の営農先に見学に行こうではないかというものです。

今は一緒に農業をしているんですが、実際どんな生活をしていて、どんな作物を作っていて、どんな事に困っているのか、そんな事を見に行くのです。

まぁ、まだまだ再来年の話なので焦る事はないのだが、ぼちぼち準備し始めようかなと思い一冊本を読んでみました。

「スタディーツアーのすすめ 市原芳夫 岩波ジュニア新書」

実は17世紀から19世紀にかけて、イギリスの貴族の子弟の間ではスタディーツアーなるものがあったそうです。その名もグランドツアー。

大人として認められる前段階に「研修」を目的としてフランスやイタリアに遊学するといったものでした。
しかし、そのグランドツアーにも問題点が存在したそうで、かの有名なジャン・ジャック・ルソーがその問題点を指摘しグランドツアーはこうあるべきだと論じているのです。

その中で、私自身が感じたものを紹介したいと思います。

①「旅行からはその旅行を企てさせた目的に応じて知識が得られる」
②「旅行家は彼が見たいと思っていることのほかには決してみれない」
③「決まった目標をもたない知識の獲得は意味のないことだ」


この本書の別の部分にも、いいスタディーツアーにするためにはしっかりとした目標を持つことだと書かれているのですが、ルソーも同じ事を言っています。

目標がないと意味のないものになってしまうのですね。
なので、まずは僕らのスタディーツアーは目標を立てる事から始まるということですかね。

そこで、思い出すのが、過去に自分が行ったフィリピンへのスタディーツアーです。
高校3年生の夏、受験生であるにもかかわらず、10日間ぐらいの平和学習に行ったのでした。
確かに得るものはたくさんありましたし、あの時感じたことが今でも生きているのですが、帰ってきてからこの感動や行動を活かす場がなかったのは確かです。

まだ若くて未熟でもあったので、人の役に立てるように勉強しようと思う事だけになってしまったのです。
そう、何をどうしらいいかわからないまま、スタディーツアーで得たあの感情をフィリピンで得た現地の友人との関係を生かしきれないのでした。

その後、学生時代に行った海外でのボランティアや研修でも同じような結果をうむばかりでした。

なので、インドネシアへのスタディーツアーへ行こうという話を受けたとき、帰ってきたからその感動や思いを活かせるようなものにしたいと思い至ったのです。

なので、私自身の考えはスタディーツアーをきっかけとして、一緒に行った仲間たちが日本に帰ってから、その思いを活かせるものようにしていきたいと思うのです。

幸い、僕らの農園には、毎年のように研修生が来て、帰っていきます。
そんな彼らとスタディーツアーへ参加した人達との間で何かできたらなと今は漠然と考えているのですが、、、

それと、ルソーが言っていますが、上の②番です。見たいと思っていることしか見ることができないということですが確かにそうかもしれません。だから、僕が一人で彼らの場所に行っても見れるものは限られるということです。なので別の視点を持った人といく事で、参加者人分だけ現地で得られるものは増えて充実したスタディーツアーになるのではないかなとも思います。

だから、まずは一緒に行くスタディーツアーの仲間集めが大切ですね。
まだまだ時間があるので、ゆっくりと仲間集めをしていきたいと思います。



インドネシア スタディーツアー スンダ(インドネシア研修生の出身地の事)の仲間を見に行こう。
只今参加予定者 僕一人、、、












スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (5)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)
トウモロコシ (0)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。