topimage

2011-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の恐怖編 - 2011.12.18 Sun

彼の任地に着く前に、犬が沢山いるという話を聞いていたのだ。


ちなみに僕らボランティアは犬に噛まれたら狂犬病の注射を打たなくてはいけない事になっているのだ。

なのでもし犬に噛まれたら、最寄りの都市まで上がって、注射を打たなくてはいけないのだ。しかも3回、それを一週間かけて。


だから、ここで犬に噛まれたら旅行が中止になるから気を付けようねと皆で話していたのだった。

そして、我々一行が彼の家に着くと、早速犬がお出迎えしてくれたのだ。
人を威嚇するような鳴き声で。


始めてヤズル隊員の任地にきた俺を含めカズキ隊員、カネメ隊員。
多分この時は皆同じ事を思ったのだろう。やばい噛まれると。

なので、その後の行動が醜い。
我こそは助かろうと、人を前に押しやり、自分は後ろに隠れようと皆必死になったのだった。


だけどそんな苦労も取り越し苦労であった。
一番最初に吠えながらやってきた、犬は一番頭のいい犬だったのだ。
その名もルーナ。

彼女はヤズル隊員に なだめられ、彼らは悪い奴じゃないよと教えると直ぐに理解して、僕らに懐いてくれたのだった。

そしてこのルーナ、素晴らしい事に、他の犬から僕らを守ってくれるのだ。
例えば、俺らが歩いていると、他の犬が吠えてくるのだけれど、ルーナがその犬達を追い払ってくれるのだ。

なんと賢い犬なのだ、こいつがいれば安全であるのだ。
そして犬問題はここで一件落着したのだった。

に見えたが、恐怖はこの後始まるのである。



卓球をした後、カナメ隊員と俺が、卓球場に残っていた時である。
3匹が、急に俺らに吠え始めたのだった。

尋常ではない。今にも噛みつきかからん勢いである。
これはまずいと、必死にやずる隊員を呼ぶ。

しかし今夜のご飯の支度をしている、ヤズル隊員は歌を聞いていて、その音で俺らの声はさえぎられたのだ。

何度も叫んだが俺らの声は届かない、そして犬に入り口を占領され、逃げ場もなく、ただ、高いところに座って、彼らの牙から身を守ることしかできない2人であった。

このまま、ヤズル隊員が気付くまで待つしかないと決め込んだときである。
天の恵みか、あの賢いルーナがやって来たのだ。

彼女は、俺らに吠えている犬たちを見つけると、すぐさま追い払ってくれたのだ。
おお、なんと賢い犬だとこの時ほど、犬のありがたみを感じたことはなかったのであった。

これで一安心、おとなしくなった犬たちの横を通り抜けて部屋に戻ろうとした時だった。
ルーナに追い払われたはずのあの犬たちが、一斉に俺の周りに集まってきたのだった。

牙をむき出し、部外者をいかくするような吠え声で。
3匹に囲まれた俺は、恐怖に陥れられた。このままじゃ噛まれる、走って逃げたい。でも走ったら確実にかまれる。どうすればいい、ああルーナ助けてくれ。

しかしルーナは現れてくれなかった。
犬はだんだん周りの距離を縮めて近づいてくる。挙句の果てにはそのむき出しの牙を持ったあの顔が折れの足にあたる。この時、もうだめだ、俺は噛まれて任国外にいけなくなると思ったのだ。しかし、そんなのは嫌である、せっかく旅行に行けるというのに、それに今までも何度も旅行を計画して政情不安でだめになってきた事か、それを今度は犬ごときに邪魔されるなんて。
そして、どうしよも無くなった時、人とは凄いものである。自分からこの状況を打開しようと動きだすのだから。


決して走らず。犬の威嚇ににも負けず、ヤズル隊員のいるところまで、歩き出したのである。だがその間も3匹の犬が俺の周りからいなくなることは無かった。しかし、彼らの恐怖から走り出して逃げてしまい衝動をこらえてとうとうヤズル隊員に助けてもらったのであった。


この国は確かに犬はみんな離しがいだ。
だが、今までこんなに怖い思いをしたことはなかった。
しかも旅行前という大事な時期に。

でも、まぁ噛まれなかったから結果オーライかな。
スポンサーサイト

最後の御褒美(エルトルノ編) - 2011.12.14 Wed

隊員総会後、我々タメ4人組はとある事を企画していたのだ。
そう、最初で最後の任国外旅行。

ちなみにボランティアには年に20日の任国外旅行が認められているのだが、我々は帰国ギリギリまで一度も使った事がなかったのだ。

理由としては申請がメンドクサイとか、なかなか長期に渡って休みが取れないとか、お金がないとか、色々ではあるが、我らが隊長、ヤズル隊員の呼びかけにより、イグアスの滝を見に行く事になったのだ。


さてさて、イグアスへの旅行へ向けて、いざ出発といきたい所なのだが、実は出発の間まで、二日ほど時間があいていたのだった。

さてその間サンタクルスで何する、ということで、ボリビア一田舎隊員のこれまたヤズル隊員の任地に遊びに行く事にしたのだった。 


彼の任地はサンタクルス市内から2時間弱、国道をひたすら走るのだ。
そして、人家が見えなくなった所で、舗装されていない道路を突き進む。

おいおい、まるで森の中じゃないか。
という所を10分近く走ったところに彼の家はあったのだった。


これはさすがボリビア一の田舎隊員だなな関心、いや憐れんだのだ。
(なぜなら自分の任地より下がいて少し優越感に浸ってたからだ)

しかし、その優越感は束の間であった。
確かに周りは、森であるがその中は凄い、プールはあるは、卓球台はあるは印刷機、冷蔵庫、扇風機、そしてなにより家が大きい、素晴らしい。

文明の力というもは、全て揃っているのだ。
くうー羨ましいぜ。
なので、ここでのひと時は快適であった。
早速卓球を初めて盛り上がる。

そしてカズキ隊員が急に服を脱ぎ始めてパンツ一枚になり始める始末だ。
何やってんだと、冷めた目で見ていたが、結局全員、パンチ一枚になり、卓球に熱中するのであった。

傍から見たたら変態集団だよな、これ。

そして夜は冷えたビールでクイっと、、、
任国外旅行、前前夜はこうして過ぎていったのであった。

これでほんとに最後の公演 - 2011.12.12 Mon

デモの影響で延期になっていた、隊員総会なるのものが11月末にとうとうやってきたのだ。

この隊員総会、本来なら、事務的な連絡をするだけのものであったが、前回の総会から少し形の変わったものになったのだ。


とあるボランティアの一言がきっかけであった。
折角、ボリビアのボランティアが全員集まるのだから、ただ、席に座って時間を過ごすよりも、サンタクルスの市民へ向けて、我々の活動を紹介しようではないか。


そして、前回の総会から、サンタクルス市民に向けたフェリア形式になったのだった。


そして今回、我々タメ四人組はタメ秘密会議を経て、演奏をする事になったのだった。

以前のエントリーで触れたが、今回日本の歌をスペイン語に変えて演奏に挑んだのだ。
その一曲目は「俺達日本人」

これはwe will rook youの替え歌である。
スペイン語でまずは自己紹介、そしてこに機会に俺達はcino(中国人と言う意味)じゃないぞということとも訴えたのだ。

どのように歌ったかというと

Somos japones no somos cinas japon es difarente de cina distinto distinto no nos llaman cinito profavor somos somos japones
(俺達日本人、中国人じゃないよ、日本と中国は違う国、違う、違う、俺達を中国人と呼ばないで、お願い、俺達、俺達、日本人  だいたいこんな感じかな。)


さて実際歌ってみると、ボリビア人の反応はいまいち、あれ!?
そのかし、日本人には受けが良かったけどね。
二曲目はカントリーロードのスペイン語版
これは同期のやずる隊員が、歌詞を耳コピ、凄いですね。

反応はいかに、、、
しかし、演奏でそれどころじゃなかったので良くみてなかった。


三曲目は「蝶」
ではなく、あいこの「カブトムシ」
ただ、歌詞を訳す過程で、ボリビア人にはカブトムシより蝶のほうがしっくりくるんではないかということで、蝶(マリポッサ)と訳したのだ。


ちなみに、歌詞をスペイン語で訳す過程で初めてこの歌詞をじっくり読んだのだが、カブトムシ、これは以外と悲しい曲だったのだ。

死んでしまった彼の事を今でも思い続けてる歌だったのだ。悲しいね。

ちなみにこの曲は一番力を入れた曲であって、ギター、チャランゴ、バイオリンの三弦楽奏である。

なので、拍手喝采を期待して、この二年間の集大成を披露したのであった。

その結果はこれまたよく覚えてないのである。
なぜだろうと今振りかえってみると、あの時は無事に終えた事と達成感で胸が一杯であったのだろうと思う。


そして無事に終えた隊員総会、なんか最後の思い出作りになってしまった感があるが、スペイン語の替え歌を作ったり、訳したりで、以外と勉強になった気がするのだ。

ちなみにスペイン語の勉強という事ではなく、ボリビア人の音楽に関する日本人との感性の違いのね。

ボリビアの飲み方 - 2011.12.05 Mon

クラワラに来た時、自分自身はボリビアの飲み方が嫌いであった。
なぜなら、必ず吐いて、次の日は再起不能になるからだ。

えっと、日本とボリビアの飲み方の違いはというと、まずは飲み物はビールだけである。
そしておつまみは無しときたもんだ。(地域によって違うようだ。ちなみにこの飲み方は田舎の飲み方らしい。)

ちなみになぜボリビア人はおつまみを食べながらなぜ飲まないのと聞いた事があるのだが、同僚いわく、飲みながら食べ物を食べると気持ち悪くなるそうだ。

日本とは全く違いますね。


そして、日本のように話しながらチビチビ飲むというのではなく、酔っぱらうために飲むように感じるのである。

そして少し出来上がってきたら、次は踊りである。
歌って踊って騒ぐ。

これがお決まりの飲み方ですね。


しかし、二年もいるとこの飲み方に慣れ、楽しくなってくるのである。
そして、皆で踊るのがなによりも楽しいのである。

昔はまったく踊れなかったから疲れるだけであったが、今は楽しんで踊れるのである。

そして、先日僕自身の送別会を盛大に行ってくれたのだ。
開催してくれたのは、大学の教授人を中心に生徒達が行ってくれたのだ。

ここで回想であるが、クラワラに派遣された時、僕には仕事が全くなかったのだ。
その時、どうにか野菜を栽培するハウスを手に入れたのだが、それと同時に彼らと出会ったのである。

彼らはよき同僚、善き友達として僕に色々なものを与えてくれたのだ。
もし彼らとの出会いが無ければ俺のボランティア生活はいったいどうなってたことだろう。

彼らに感謝してもしつくせないのである。


そんな彼らとの飲んで踊っての送別会、このボリビア生活で一番楽しい飲み会になったのだった。

ちなみに、酔っぱらって写真をとるのをすっかり忘れてしなったのだった。

サハマ日和 - 2011.12.01 Thu

日本一高い山は富士山、確か標高は3700mぐらいだったと思う。
初めて富士山に登った時はまさか自分がその富士山より高い所へ行くとは思っていなかった。

そしてボリビア一高い山はサハマ山である、確か標高は6700ぐらいだったと思う。
いつも雪をかぶっていて、まるで富士山のようなやまである。


このサハマ山、実は僕の住んでいるクラワラからとても近いのだ、というかクラワラ市の一部にこのサハマ山が存在するのである。(近いといっても道が悪いので2時間ぐらいかかる。)

しかし、近くにいながらなかなか行く機会なくて、今の今までサハマに行った事がなかったのだ。クラワラ人にもまだ行ってないのと驚かれるぐらいだ。


だが任期も終わりにかけてとうとうサハマに行く事ができたのだった。

(写真)

雄大とはまさにサハマ山のためにある言葉であろう。
そんなサハマには、色んな逸話があるそうだ。

その一つは、女ったらしのサハマ。

サハマの近くには三つの山があるのだが、その一つが奥さんだそうだ。

そしてもう二つの山は仲良く二人並んでそびえ立っている。
通称双子山と呼ばれ、サハマの愛人だそうだ。

確かに雄大なサハマは人を魅了するからプレイボーイなのは頷けるのである。

いちをこのサハマ地区は自然保護地区に指定されており、入るのに料金を払わなくてはいけないのだ。

外人価格が30Bsで邦人価格が15Bs
ちなみに我々ボランティアは、2年間この国に住むためにボリビア人と同じ身分証明書を持っている。

その身分証明書は銀行開設などに必要なのだが、旅行の時にもこの身分証証明書を見せれば邦人価格で入場することができるのだ。
これはボリビアに住んでこの国に貢献してる特権であるのだ。

そしてこのサハマ山の周りはには沢山の温泉が存在すのである。
そして行ってきましたよその温泉に、、、
IMGP1150.jpg

IMGP1162.jpg



ただ、その温泉に行くまで歩いて一時間半以上、旅行者用のタクシーなんて存在しないから、到着までにクタクタ。

そして思ったよりぬるくて、風がビュービュー吹く中ではつかる勇気はまったくなかったのだった。



温泉につかるのは断念したのだが、その夜、日本では絶対見れない景色を見る事ができたのだ。そう満点の星空。


ここサハマクはラワラよりも高い4200m、クラワラよりも空に近い場所にいるのだ。
なので、また一段と星空が綺麗なのである。

はっきりと見える天の川、最後にいい思い出がまた一つできたのであった。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (5)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)
トウモロコシ (0)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。