topimage

2015-01

ジャカルタ行きの飛行機の中で - 2015.01.29 Thu

飛行機乗るのは好き。高い所好きだから~
でも、事故れば確実に死ぬから、やっぱり怖いだよね。

昔に聞いた話だが、飛行機の事故が起こる確率が高いのは離着陸の時だそうで、初めて乗った飛行機の時から欠かさず離着陸の時は祈るんですよ

落ちませんようにと。

ある意味、祈れば落ちないうジンクス的な行為をしているそんな僕の傍ら、左隣に乗っている人は、飛行機の飛び立つ瞬間が堪らなく好きだといい、こちらの心境などつゆ知らず、すこぶるテンションがハイになっているのだ。頼むからちゃんと祈らせてくれよ、俺、怖いんだから~

ではなくて、右隣の人が僕にとって印象的であったのだ。

僕らの乗り込んだ飛行機にはうちの農園にいる子達と同じぐらいの年の子がわんさか乗り込んでいたのだ。
今回一緒にツアーに行ってくれる、インドネシア語堪能な方が聞き耳を立てて聞いてくれた情報によると、彼らも技能実習生であり、しかもお隣石川県、日本での生活を終えて3年振りの帰国であったのだ。


見ず知らずのインドネシア人であったが、どこか親近感が沸いてきたのだ、うちにも居るよ、というか毎日一緒に仕事してるし。

そんな事から、彼らの存在を少しばかり意識してると、一人のインドネシア人の子に目が止まったのだ。
大きな彼の目からこぼれんばかりの涙を蓄えた潤んだ目が。

飛び立つ瞬間、彼はどんな事を思っていたのだろう、楽しい事ばかりでは決して無かっただろうし、むしろ辛い事が多かったのではないだろうか、母国に帰るその瞬間、彼は色んな事を考えていたのだろう。
そんな事に思いをはせていると、僕は、これから会いに行くワントやタタンを彼の姿に投影していた。

彼らも帰る時、こんな表情をしていたのではないのかなと。
いや、嬉々として乗り込んでいたかもしれないが、それは僕の勝手な想像で前者にしておこう。

さてさて、やっと始まる。早くインドネシアに帰りたいと言っていた彼らが、僕らと別れる時には大粒の涙を流して帰っていた。その時に巻き戻って、今、僕らはタタンやワント達みたいなインドネシア人の子達と一緒に飛行機に乗ってその後の彼らを見に行くのである。





スポンサーサイト

いざタンジュンサリンへ - 2015.01.23 Fri

まずは無事にジャカルタに到着しましたと、ご報告で。

外国に来たのだが、なんか外国にきた気がしないのは何故だろう。


いつも一緒に、インドネシア研修生といるからだろか。

ジャカルタが思った以上に都会だからか。

それともサークルKがホテルのすぐ隣にあるからか?


まぁそれはともかく、今日からが
メインである農園を卒業した、技能実習生との再会である。

今から楽しみであり、今日も早起きをしてしまったのである。
(決して、蚊の洗礼にあい、朝っぱらから唇にチューされて、あまりの痛さに起きたわけではない)


さて、今日は電車に乗ってジャカルタからバンドン、そして車でタンジュサリンである。

出発前夜 - 2015.01.22 Thu

丁度3年たつんですよね、ボリビアから帰ってきてから。
あれが、2012年1月10日だったんで。

あの頃は当分日本からでないぞと思っていたのですが、月日が経つと気持ちも変わりますね。
今の心境は久々の外国ににテンションもうなぎ上りなんですから。

例えるなら、ダイナマイトで岩を爆破するぐらいの破壊力並みに(笑)


実はこのインドネシアスタディーツアーの話が出たのは、2年と半年ぐらい前からなんですよ。
そして、それに向けて少しづつ準備をしてきて、とうとう、とうとう出発するんですから、テンションが上がらないわけがない。

例えるなら、地道な努力をして、結果を残したスポーツ選手の雄叫びのように吠えたくなるぐらいに(笑)



そして、1年間一緒だったタタン君、2年間一緒だったワント君に会えるのが、とても、とっても楽しみなんですよ。
彼らが日本で学んだ事がどう活かされているかなんて、そんなの関係無しに、ただ会えるのが楽しみなんですよ。

例えるなら、遠距離の相手に、久しぶりに会いに行く電車の中の心境のように(笑)



さて、いよいよ明日です。待ちに待った日が
5日という短い時間ではあるが、大いに楽しんでいきたいと思います。

だだ、小学生が遠足の前の日に明日が楽しみ過ぎて、緊張して眠れないように。
僕自身も楽しみすぎるので、寝れないなんて事にならないように、気を付けたいと思います。(気を付けられるものではないですが)明日はとっても早いので。

それでは、しばしの間、行ってきます。
そして、通信状況が良い場所では、このブログもアップしていこうと思います。





後少しでインドネシアだ。 - 2015.01.21 Wed

準備も進め、インドネシアに行く準備がだんだんと整ってくると、ホントにインドネシアに行くんだという気持ちがフツフツと沸いてきて、最近、心ここに非ずの状態の私です。


さて、前回のエントリーでは今回のスタディーツアーの目的を書きましたが、実はもう一つ面白い所に訪問するんですよね~

それはバリ島

観光!?

海!?



確かに海好きのわたくしとしては是非バリの海に潜ってみたいのですが、海には行かず、山に行くんです。
そう、バリ島の山間地域で農業を営んでる、日本人の畑を見にいくのです。


日本人が海外で就農と聞いただけで、涎が出てきそうなとっても興味深い事なのですが、それを現地に行って話を聞けるなんて、涎だけじゃ足りず、涙もでてきそう。

さて、そんなバリ在住の日本人の方とメールでやり取りをしていたのですが、話を聞いていると、どうやら自分と同世代の人だとわかったのです。


勝手な想像で、中年の方が就農していると思っていたので、少しビックリしました、同世代で海外で就農してるとは、、、
実は、僕自身も、一度はボリビアで就農するという選択肢を考えていて、そのための繋がりを作って日本に帰ってきたのでした。

ただ、その時は、日本でゆっくりしたい、もっと農業技術を付けたいと思っていたので、結局はその道は選ばなかったのですが、、、

なので、自分の選ばなかった道を選んだ方に、なぜ海外で就農したのか、是非とも聞きたいのです。
どうして、日本ではなく、海外なのか。

そんな思いも秘めて、今回のインドネシアに行くのがとても楽しみなのです。

ほんともうちょっとでインドネシア。


ちょっと余談になりますが、10年来の同士を紹介したいと思う。

モーリスのミニギター  愛称 サンバー

彼との出会い10年前、僕が二十歳になるちょっと前の事である。
新宿のPePeというビルの6階にある島村楽器というお店があるのだが、当時、暇さえあれば僕はそこの店に通っていたのである。楽譜を見に行ったり、弦を買ったりと。

その時だ、サンバーが僕の目に止まったのは。
丁度、海外に行くことが決まっていたのと、当時の愛機がおしゃかになってしまっていたので新しいギターを探していた。
小さめのギターで持ち運びできるやつと

だからサンバーと出会った瞬間、僕は一目惚れしていたのだ。こいつと色んな所へ行こうと。それから数か月、お金を貯めて、やっとの思いでサンバーを手にした。

それからというもの、サンバーは僕の行くところをいつも一緒に付いてやってきたのだ。
国内はもちろん、インド、パキスタン、フィリピン、インドネシア、そして僕の友人に連れられて、アフリカまで行っているのだ。

そして、こいつのお蔭で、とっても楽しい思いをさせてもらった。毎日のように色んな人と歌って。

しかし、僕はサンバーをボリビアに連れて行かなかったのだ。
理由は色々あるのだが、書くと長くなるので割愛する。
しかし、今思うととても可哀想な事をしてしまった気がする、2年間、誰にも弾かれなかったのだから。
それにサンバーの特徴は、持ち運びやすいギターという事だ。
決して音はよいとは言えない、だからこそ、どこかに行くときに持って行かなければサンバーを活かしてやれないのだ。

だからこそ、久々の海外、外国人とギターをジャカジャカ弾いて楽しみたいという気持ちと同じほど、サンバーを持って行きたかったのだ。

しかし、現実は無情である。

福井から関西に行くビックタクシーに楽器の持ち込みを拒否されたのだ。
ちなみに、いつもハイそうですか仕方ないですねと諦める私ですが、今回ばかりは粘った、壊れても損害賠償とかしないからなんとか言って、それに自分が抱えて持っていくつもりだったし。しかし、そのかいもなく別の方法を模索する事に。

でかい袋に入れてカモフラージュする

というプランや

ハードケースに入れて関空に送り、預け荷物にするなど

しかし、現実的に、大きい鞄はないし、多分ばれるだろうし
ハードケースに入れると重いし、現地で目立つ、ハードケースに入っていると高価そうに見えるから、余計目に付く。
今回はスタディーツアーの会計役も担うので、そんな自分が自ら狙われやすい状況を作るのはあまりにも責任感にかける行動になる。

そういった思いから、僕は今回もサンバーを連れて行くことを断念するしかなかったのである。
ごめんよサンバー

ただ仕方ない事を嘆いてもしょうがないから、心を入れ替えて行こう。

かなり私的な余談ですが、僕とモーリスのミニギター、サンバーにまつわる、事の顛末でした。










もうちょっとでインドネシアスタディーツアーじゃん - 2015.01.13 Tue

インドネシア農村スタディーツアーのメインは、我が農園たやで3年間研修を積んだ卒業生の村を訪れる事である。


日本で一緒にいた期間が濃かったからこそ彼らに会うのが非常に楽しみなのである。どうなったのかな~と

そこで、あいつらに何か日本のお土産が欲しいだろうと思い連絡をとってみると、珍しく直ぐに返答が返ってくる。
現金な奴らだ(笑)

なになに、缶チューハイが欲しい、えっと可愛い女の子が欲しい。

ハハハ、この愚か者共が、どれだけ欲望に忠実なのか(笑)

と、日本にいた時の彼らと変わらない、
そんな返信に、昔を思いだし、暖かい気持ちで一人微笑んでいたのである。

こんな冗談を言い合ってよく笑ったなと。

さて真面目にいこう。
今回訪れる卒業生の村は、4期生のクスワントの出身地、ランチャカロン村だ。

通称ワントと呼ばれる彼の事は以前のエントリーを参照頂いて
クスワントという男http://uguisuflyflyfly.blog111.fc2.com/blog-entry-290.html
クスワント帰国http://uguisuflyflyfly.blog111.fc2.com/blog-entry-302.html

そしてもう一人、今回全日程をサポートのタタン・ローマット
これは彼との思いで話ではあるがこちらも参考になれば
僕とタタンhttp://noentaya.blog59.fc2.com/blog-entry-388.html

さてさて、今回の目的は彼らに会いに行く事である。
帰国してどうなったか、何をしてるか、嫁はいるか、日本語はどこまで覚えているか。

帰ってからどんな事したのか、話したい事が沢山あって仕方がない。
うーん何を話そうか、それか日本語忘れてしまって話せないかな(笑)

彼らにとって、日本に居た事は、彼らの人生において3年間というちょっとした思い出かもしれない、僕にとって彼らと過ごした日々は正直本気だった。彼らのために何ができるかと。

しかし、それは僕の一人よがりな部分があったかもしれない。
そんな事を最近、よく考えさせられる。

これからのインドネシア研修生との関わりを見つめ直すためにも、帰国した彼らが、どのように生きているのか、この目で見てきたいと、それが僕にとってのインドネシアスタディーツアーへの大きな目的なのだと思う。

もう直ぐインドネシアスタディーツアー - 2015.01.09 Fri

もう、一か月切ってるじゃん、、、

という事で、当面スタディーツアーに関してのエントリーを書いていきたいと思う。

さて、まずは今回のインドネシア農村スタディーツアー2015年であるが、どうにか8名の参加者が集まった。
予定していた人数より2名足りないが、どうにか人数があつまりホットしている。

なぜなら、締め切りの10月末まで、参加者が4名しか確定していなかったからだ。
しかも農園の身内だけというもので、これならスタディーツアーと名乗らず、国際機関から援助をもらわず、
ただの私的旅行にすればよかったんじないかという考えが頭の中を掠めたからである。


ちなみに、参加者集めという事で、色々な人に協力をしてもらったり、外部でスタディーツアーの事をアピールしたり、説明会を開いたりもしたのだが、誰にも引っ掛からなかったのは正直堪えた。

スタディーツアーの人集めをする時、実はとある人の言葉を思い出していた。それは、協力隊も終わりに近づき、同僚が送別会と称して僕を家に招いてくれた時の事だ。色々な話をした中で、タカオはいいことをしてるのに、それを人に伝えるアピールが下手だねと。

正直、ガツンと鈍器で頭を殴られるような衝撃を受けたのだ。
押し付けはいけない、自発性を促さなければうまくいかない。ずっとそう思っていたので、いい事していれば、いずれは周りが興味を持ち始めて近寄ってくる。自分の活動に興味を持ち真似る人が出てくる。そしたら自分の活動は成功だと思っていたので、同僚の言葉は深く胸の中に刻み込まれたのだ。アピール力が足りないと。

それを思い出していたからこそ、今度こそはと思い今回のスタディーツアーの参加者募集へとアピールしに飛び出したのである。このスタディーツアーに参加したらこんなにいいんだよとか、こんな機会は二度とないとか、参加したら凄い色んなものを得られるんだよとか。

しかし、それは逆に突っ走ってしまった感が否めないのである。そう、同僚の言葉が引き金となってアピールが下手な自分だから、アピールしなくてはと焦ったあまり、一人よがりの考えで、参加者の立場になってこのスタディーツアーの事を考えていなかったのだ。


日程的なもの、金銭的なもの、内容、モチベーションなどなど。
9月に説明会を開いて、その結果収穫ゼロという現実を見せつけられて、そこでやっと気づいたのだが。

しかし、そこで頼れる2人のアドバイザーのおかげでツアー自体を見直し、最終的には8名というメンバーで参加する事が出来るようになった。

紆余曲折があったものの、今回、参加して頂けるメンバーが集まった事に感謝して、このインドネシア農村スタディツアーに挑みたいと思う。
そして、このスタディーツアーの準備、人集めを通して、非常に多くの事を学ぶ事も出来たこともここに書いておきたい。












新しい挑戦 - 2015.01.06 Tue

新年を迎えたということで、今年から新しい挑戦をしました。

そうです。
それは、ブルーグラスという、新しいギターのジャンルに挑戦!!

ではなく、ハウス栽培に挑戦です。
今まで、農園では、露地野菜をちょこっと作るぐらいだったのですが、今年から水菜やルッコラといった葉菜類の栽培をする事になったのです。

非常に嬉しい部分と、うまく作らなければというプレッシャーの中、早速種まきから水出しに挑戦したのですが、なかなか慣れずに悪戦苦闘しているのです。

特にホースでの水出しなのですが、カッパを着ているのに全身水浸し。

なぜ頭がビショビショになるのか。
顔面に水が当たるのでメガネが曇り、前がよく見えない。

挙げ句の果てには、メガネが折れて、てんてこ舞い。久しぶりに焦りました。
何も見えない世界がこんなにも不便かと。


はたから見るとなに一人コントやってるのと思われる無様な姿に成り果てたのですが、ええ、私は至って真面目です。

まだまだ、始まったばかりですが、まだハウス栽培初心者だからというあまい考えは捨て、しっかりと農園の代表となる野菜達を作っていきたいと思っています。

そのためにも一つ一つの作業を丁寧に、また、スピードを求めて、どうしたらうまくできるか考えながら作っていきたいと思います。

因みに、ハウスの水管理をしている人だけが持っている、道具があるのですが、実は僕もその道具を持つ事に憧れていました。

それを、佐藤君の分も買ってきたからと言われ渡された時は、なんか、やっと農園の仲間に入れて貰えた感じで非常に嬉しかったのです。

その新しい相棒と一緒にこれから葉菜類のハウス栽培に精進していきたいと思います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (5)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード