topimage

2016-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ザルの奮闘 - 2016.06.22 Wed

農園にやってくる研修1年目のインドネシア人の子はいつも静かだ。
それもそうであろう
日本に来たばかりなのだから、言葉がわからず喋れないのだ。
そして、今年の一年生(子サル君)もいつもと同じように静かなのだ。

子サル君はあまり、喋らないのだが、スイッチが入ると奇声をあげている(多分歌っているだけなだろうが)
そのさまが子供のサルのように見えるからこのブログでは子ザルと呼ぼう。
さて、その一年生は最初のうちは全然喋れないから、話す内容に困る時もある。
そんな時、実は言葉の分からない者同士、直ぐに盛り上がる話がある。

それは下ネタだ。
それは、2年生、3年生になっても変わらないのだが。

研修3年目のタヌキと2年目のポパイと研究話や仕事の真面目な話をしている時は1年目の子ザルは静かなのだが、誰かが下ネタの話をすると子サルも嬉々として入ってくるのだ。

なぜなら、下ネタは単語だけで、意味が伝わり、簡単に笑いを取れるからだ。
なんで外国人なのに、そんな言葉を知っているのかってな具合に。

そういえば、僕もボリビアにいる時には、下ネタばかりだった。むねは日本語で何と言うのかとかおしりはとか。
あの時は、こいつら、なんて下ネタが好きな奴らなのかなと思ったのだが、どうやら、言葉があまりできない僕にとコミュニケーションをとろうして話題をふってくれてたんだなと、今は思える。
子ザルが僕と話そうと頑張っているさまが伝わってくるからだ。

さてさて、そんな子ザルと話す時に、僕はよく聞くようにしている事がある。
昨日は何を勉強したのと。
昨日勉強した事を話す事で、反復練習になればと。
自分も外国語を覚える時に、どれだけ繰り返し、覚えた単語を思い出す事ができるかでその単語を覚えられたからだ。
そんなぼくの質問に、子ザルみたいにクネクネとしながら子ザルは答えた。
子ザル「きのうはかんじをべんきょうしました」

僕「お、凄いね、なんの漢字おぼえたの」

子ザル「えっと、山」
僕「山」
子ザル「川」
僕「川」

子ザル「大同」

僕「大同!!?!$!!?」
「おはよう」と言ったら「おはよう」と帰ってくるのが当たり前なのだが、
「おはよう」と言ったら「僕、ガンダムになりたい」といわれて、一瞬戸惑う、雰囲気が流れた。
普通なら、山、川ときたら、木とか人とか、もっとこうあるでしょ、基本的な漢字でくるでしょと、思い込んでいたからまさかの大同である。
ちなみに、大同とはうちの農園と取引している、大同青果さんという取引先のお店の事だ。
多分、仕事で、大同と書かなくてはいけないから、人や木よりも大同を先におぼえたのだろう。まさかの大同発言で、失笑はしたものの、一生懸命頑張っているんだなと感じるエピソードどであった。
その翌日、お昼休みに、彼らの部屋でご飯を食べているととあるものを見つけた。

どれも、農園で仕事に使う漢字ばかりだ。
こういった頑張っている証をみると応援したくなるものですね。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (5)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)
トウモロコシ (0)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。