topimage

2016-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールラウンダーの可能性 - 2016.11.30 Wed

並行関係の僕らの関係に、一石を投じたのは、実は2年前の事であった。


友人の結婚式に出たのがきっかけだった。
その友人は、農園との関わりも深い事もあって、結婚式の料理に、うちの野菜を使ってくれたのだ。

その中で、担当のシェフの方とやり取りをさせてもらったのが僕なのだ。
人さまのめでたい結婚式の時に、自分たちが作った野菜を使ってもらえる事ほど、農業者冥利に尽きるというものだ。

俄然、気合が入っての、野菜の準備。
そして、素晴らしい料理を出して下さったのだ。


最後に、シェフの方とお話しして、無事終えたかと思ったところ、シェフの方がポロリと一言

ミニチンゲンサイはもうちょっと小さいものだと思ってました、、、


もうちょっと小さい????


うちのミニチンゲンサイは今から思えば、ミニと言いながら、少し大きめであった。
しかし、それはスーパーのお客さんには大きいのが喜ぶのよという事からその大きさで出荷していたのだ。

だが、結婚式での料理は主にフレンチ。
フレンチに使われるミニチンゲンサイは、そのままスープで入れて使えるような大きさが、どうやら好まれるのだ。
切ったり、千切ったりする大きさはどうやらNG

思い返せば、ミニチンゲンサイはレストランさんからの注文に対して、一度は注文があるのだが、その後、注文がなくなり、長続きしないという事が多々あったのだ。その当時はなんでだろうと思ったが、この時、合点がいったのだ。

ミニチンゲンサイはもっと小さく作らなくてはいけないと、、、


確かにミニチンゲンサイは僕らの農園の品目の中では、完成系の商品だと思い込んでいたのだ。、それがゆえに、ミニチンゲンサイには可能性があるのだと気づいていなかったのだ。



それに気づいてから、僕とミニチンゲンサイとの距離が急に近づき始めたのだ。
オールラウンダー、なんでも卒なくできて嫌な奴という僕の醜い感情から、

やっぱり、お前も人の子、欠点の一つや二つはあるよねという、なんとも言えない親近感が湧いたのだ。
人じゃなく、野菜ですけどね~


という事で、ミニチンゲンサイの新たな可能性への挑戦への道を歩みはじめる
予定であったが、それはとある人との出会いまではじまらなかった。




スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (5)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)
トウモロコシ (0)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。