topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛行機の中で - 2011.04.30 Sat

ふと目を覚ますと、飛行機は夜の空を飛んでいた。

離陸前までは起きていたのに、いつの間にか寝ていたようだ。
最近、仕事とストレスで余り眠れていなかったから、離陸する衝撃にも気づかないほど、熟睡していたようだ。


もうすぐサンタクルスというアナウンスが流れ、ふと窓の外をみてみると、はるか地上に星の光が輝くのを見たのだ。そう、町の明かりである。

最近飛行機に乗る事が日本にいる時よりも多くなったのだが、夜のフライトで窓側に座ったのは今回が初めてであったのだ。

こんなに地上の明かりが美しいとは思わなかった。

子供みたいに食いいいる様に地上の星を見ていると、突然巨大な光りが目に入ったのである。
統制がとれた光の群れは、家々の生活の光、巨大なクリスマスツリーが並んでいるように見える。
その間を川のように走るのは幹線道路、その川を走る車のライトが川の流れをかたどっていた。


こんなに空からから見る、町の光が美しいものであったとは知らなかった。
地上に立って見ている風景がこうもかわるのかと感嘆としていたのである。

もしかしたら、人間がつ作り出したもので一番美しいものはこの空から見た町の夜景なのかもしれない。



しかし、この夜の光は、植物に多大なる影響を及ぼしてると聞いた事がある。
「光害」というものである。

本来なら、真っ暗闇のはずの夜が人間の営みによって昼間と変わらない明るさを保っているのだ。
一度、ネットで夜の世界を衛生で写したやつを見たことある。アメリカ、ヨーロッパ、そして日本
電気の光でその国の形がわかる位明るいのである。

植物はその夜か昼かもわからない環境によって、長年ストレスを貯めているらしいのだ。
そしてその光害によって2012年、植物が一斉に枯れるなんていう学者もいる学者もいる。


僕の目に映る美しき光景、植物の目にはどう映っているのだろう。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uguisuflyflyfly.blog111.fc2.com/tb.php/158-c8620ecd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ、休止のお知らせ «  | BLOG TOP |  » 八百屋さん

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (5)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)
トウモロコシ (0)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。