topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日差しの中で - 2011.06.30 Thu

クラワラの青の美しさをどうやって言葉で表現したらいいのだろうか。
言葉での表現力があればとつくづく思う。

とにかく、ペンキで塗ったような青を持つクラワラの空は、いつ見ても癒されるのであるが、その空を見続けて、お天道様のしたにずっといる危険な事になるのだ。


じりじりといった日本の夏の日差しとは全く違う。
ここの日差しは痛いのだ。

あえて擬音語で表すとすると、「キリキリ」といったところか、、、


標高が高いせいであるだろうが、お日様の下に何分もいられないのが現実だ。

ほんとは、黒々と焼けたいのだが、ここでの日焼けは自殺行為に近いであろう。
皮膚ガンになってしまうから。

なので、日焼けしないように気を使っているのである。
(帽子かぶっているだけだけど)


そんな雲ひとつない晴れ晴れとした日々が続いたとある日、同僚の奥さんから質問されたのであった。

「ホッペに何塗っているの、教えて?」
突拍子もない質問に「え!?」とつい聞き返してしまったが、用は俺の肌を見て、寒暖の差や日差しが強いのにどうして、そんなに綺麗なのか疑問に思ったらしい。

そこで、なんらかのクリームを塗っているのではと推測し質問してきたのだ。

そこで俺はこう返した
「何も塗ってないよ、毎日水で洗っているだけ」

しかし全く信じてくれなかたのだ、そんな訳ないと、、、

そこで仕方なく、簡単な説明をした。

「洗顔やクリームは実はあまり肌に良くないんだよ、だから俺は使わないんだ。」
肌がきれいな者がいうのだから、それなりの説得力があったらしい。

そうかと少しガッカリしたようにその話題は終わったのであった。
でも彼女からしたら、肌を綺麗に保つ魔法ようなクリームが日本にはあるのかと期待を抱いていたのかもしれない。


ちなみに、私は、洗顔クリームが嫌いである。
というか人生に5回も使った事がないだろう。

なぜなら、洗顔クリームを使って顔を洗った後、妙に肌がパツパツになるのが嫌なのだ。
そういった意味で中学時代にはやった、油取り紙も鼻の毛穴のゴミを取るやつも嫌いなのだ。どうもなにもかも取りすぎている気がするのだ。

それに、水で顔を洗うだけのほうが気持いのだ。
(最近は冷たすぎて気持ちいとはいえないが)


とまぁ、何が言いたいかわからない感じになってしまったが、用はこの
強い日差しのなかでも、ボリビア人女性が羨む肌を僕が持っているということが言いたかったのでした。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

No title

ただの自慢か!
きっとおじいちゃんになったとき、しわくちゃだね。

No title

ACCO

そりゃ、おじいちゃんになったらしわくちゃでしょ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uguisuflyflyfly.blog111.fc2.com/tb.php/179-9bf619d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三人の仲間 «  | BLOG TOP |  » 腹の虫

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (5)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)
トウモロコシ (0)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。