topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラパス療養日記③ - 2010.02.18 Thu

快食、快眠、快便。
高山病もほとんど感じなくなってきたし、体調もここ近年の中ですこぶる快調なのだ。

こんなにめっちゃ元気なのは、人生で初めて療養をしたからだろうか、煙草を吸わなくなったからだろうか、それはわからないが、今日はめっちゃ元気である。


今日も高山病に慣れるため、近所を散歩することにした。

歩いて2,3分(高地に慣れてないと6,7分)ぐらい歩いた所にラパスの街を見渡せるいいスポットを見つけた。

今回はカメラを持ってなくて写真は無いが先日行ったライカコタの丘に勝るとも劣らない景色である。

ラパスの町の中には絶景ポイントが沢山あるようだ、こんな景色の中で生きられるなんて最高である。
しかし、現地の人達は生まれてからずっとこの景色を見ているから、あんまり感動はしてないみたいだが。

少し話が変わるが、最近ある事について考えている。
外国人とは何ぞや、、、

今、自分は外国人である。だけど、昔も今も自分が外国人なんてこれっぽっちも思った事がない。
今まで日本で見てきた外国人も同じ事を思っていたのではないだろうか。
しかし、ボリビア人にとって自分は外国人なのだ。

例えば、自分が背の高い人であれば、自他共に認める背の高い人である。
しかし、外国人という言葉は当人が自分が外国人だと感じていないのに、他国人からしたら外国人なのだ。

まあ、そのままの意味で、外の国の人と思えばその通りなのだが、それだけで片付けられるのであればこんなに問題ともしない。しかし、考えすぎと言われればそれで終わりなのだが、一か月間ボリビアに住んでいる中で、心の底から湧き出てきた、疑問である。

外国人という言葉は変な言葉だな、そういえばスペイン語で外国人とは「extranjero」といい、変なというのは
「extraño」というらしい。


体はすこぶる快調、明日はとうと任地クラワラデカランガスに向かう。
めっちゃ楽しみである。

協力隊に合格したのが2009年2月17日
任地へ派遣される日が2010年2月17日    

一年越しの派遣である。

任地まであと1日








注意
予約投稿してますので、ブログの内容は少し遅れて、アップされてます
スポンサーサイト

トラックバック

http://uguisuflyflyfly.blog111.fc2.com/tb.php/22-1e601972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Hace frio «  | BLOG TOP |  » ラパス療養日記②

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (5)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)
トウモロコシ (0)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。