topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらためなくても、私が佐藤高央です。 - 2013.01.06 Sun

さてさて、後半戦はなぜ私が福井にいるのかという所に結びけられるように書きたいと思います。

大学2年生
私は、真剣に将来の事を考え始めます。
まず、初めに行ったのが、協力隊の説明会です。
ここで、思ったのが、何か技術を持たなくては、思いがあっても、役に立てないという事でした。

そして、外国に飛び立ちます、大学2年の時だけで、パキスタン、インド、フィリピン、インドネシアへといきました。そして、外国に行くたびに思うんですね、今のままでは、何も役にたたないと。

それでは、一体何をしたらいいんだと人生の模索に入ります。

そこで、出会ったのが二人の教授でした。
一人は、協力隊OBで、農業経済でバングラディシュに行っていた方です。
その先生の食糧危機の授業を受けたのをきっかけに農業というものに興味を持ちます。
もう一人は、ゼミの先生です。
「うちのゼミでは、一つの事について調べなさい、そうしたら見えてくるものがあるから」という事を言われ、私は大豆について調べはじめたのです。

そしたら、大豆の凄さに触れ、大豆に魅了されていき、「大豆は世界を救う」という卒業論文を書くことになったのでした。

大学当時、大豆に魅了され、大豆作りにも挑戦しました、そのせいか、僕は周りから、あの大豆の人と言われるようになりました。そんなに、大豆、大豆って言ってたかな。
いってましたね、市販の豆腐の食べ比べしてたぐらいですからね、、、


だいぶ端折りますが、その後、何人もの人を通して、農業への道に進みます。

その時の思い出話しその一
農家への就職先を探して、全国を飛び回るんですが、そのたびに傷を負って帰ってきます。
農業と国際協力というものをやって行きたいと、自分の思いを語るのですが、会う人会う人にそれは無理だと言われ続けます。時には罵声を浴びせられる事や、人間否定される事もありました。

今思うと、あの時の自分は苦しかったなと思います。
自分を責めた事もありました、諦めかけた事もありました。

そんな自分を助けてくれたのは、自分の夢を一番理解してくれていた先輩です。
私がもう、諦めようかと愚痴をもらしたとき、君の思いはそんなものだったのと、本当にやりたいと思うなら、絶対あきらめてはいけないと、普段、温厚な人が感情を込めて言ってくれたのです。
その言葉があったから、今まで頑張ってこれたのだと思います。

その時の思い出話その二
とうとう、ここで、農業を勉強したいと思う所を見つけます。
それは佐賀県です。
わざわざ、佐賀県の県庁までおもむき、県の職員から情報を得、手紙のやり取りから、会うことができたのです。
それは、卒業まじかの2月の話です。

しかし、その時、君の熱意は歓迎するが、今は君を受け入れることはできなんだとやんわり断られたのです。
期待を込めて、佐賀まで行ったのに、だいぶ落胆しました。
ですが、私の考えを否定せず、すべて受け入れてくれた唯一の農家さんでした。
それだけでも、あの時の私には嬉しかったのです。
そして、その時私に教えてくれた言葉があります。
「その道に入らんと思う心こそ、わが身ながらの師匠なりけり」

今でも、この言葉を忘れません。

農家への就職活動を失敗に終わりました。
しかし、次への道を示してくれる人に出会い。
私は農業の学校へと向かいます。

茨城県水戸市の日本実践学園です。
23歳~24歳


この時、私は、最大の壁にぶち当たります。それは家族の応援です。
そりゃそうでしょう、大学までだしてやった息子が農業をやるっていうんですもん。
反対するのは当たり前、なんど言い争いになった事か、、、

しかし、それは一つのプレゼントで変わります。私が初めて作った野菜を両親に送った事がきっかけです。
その中に、「ありがとう」という大橋卓也さんのCDも入れて送ったのです。
ほんとの気持ちを言えば、心配ばかりかけてごめんと言いたいのですが、面と向かうとなかなか言葉に出すことができません。それを、野菜とCDの曲に込めて送ったのです。
それから、反対から応援へと両親の姿勢が変わり、協力隊へ行くことになるのです。



そして沖縄県宮古島と長野県駒ケ根市に行きます
23歳~24歳

宮古島では、JICAの補完研修を半年
駒ケ根では、派遣前訓練を2か月間行いました。

海に囲まれ、山に囲まれ、自然豊かなところで、色んな人と出会い、貴重な体験をさせてもらえたのがここでの経験です。

そして合格してから、訓練をへて一年越しに派遣されたのです。


派遣されたのはボリビア、オルロ県、クラワラデカランガス市です
標高3900mという富士山よりも高い場所へ派遣されます。
24歳~26歳と、2年間ここで暮らしました。

クラワラでは、1ドル以下で暮らす人達が90%近くおり、JICAの支援が入っていました。
その支援の一環として、私自身、農業隊員として派遣されたのですが、、、

実情は違いました。
仕事はない。
何をしに君は来たのと言われるありさま。

まぁ、ここまでは、事前に協力隊の実情を調べていたので、想像の範疇でした。
なので、めげる事なく、カウンターパートと呼ばれる人を通して一から活動のプランを立てていきます。

しかし、3ヶ月後にはカンターパートナーが選挙の関係でいなくなり、そして、ボリビア人でこいつ凄いなと思える市長もいなくなってしまったのです。

まぁここも想像の範疇、協力隊では派遣されたのに、要請を上げた人がいないなんてざらにあるそうなので。

それでも、やっとの事で、自分の活動できるハウスを手に入れたので、堆肥作りの研究とモデル農園作りに力を入れていきます。その他にも、農民、小学校、高校、大学、軍隊への農業指導にも携わっていきます。


そんなこんなで、やっと順調に進んできた、活動でしたが、大打撃を受ける出来事がありました。
作物にとって大事な水がないという現状です。これは色々な事情があって水が出なくなったのですが、4ヶ月間も水がなかったのは、今でも口惜しい出来事です。2年間という期限付きの協力隊員にとって貴重な4ヶ月間なのに。これで、大学生に農業を教える件案が一旦流れます。

そして、忘れもしない、ラクダ科のグワナコとの大戦争。
市から借りたハウスには、先住者、ワラ(グワナコの名前)がいたのでした。
どちらかというと、私が後からきたから、ワラにとっては私は侵略者という位置づけだったのでしょう。

彼女との縄張り争いは激戦を極めたすえ、こちら側の防御柵を破壊し、私の畑や堆肥場は蹂躙されたのでした。みるも無残な姿に、、、

食べ散らかされた、野菜の姿に呆然としました。
ちなみに、この時野菜の残渣で天竺ネズミを育てていたのですが、その野菜残渣すらでない状況になり、3匹の天竺ネズミが息絶えたのでした。

まぁこれも想像の範疇、、、、という訳にいかず、私は任地から1週間、無断逃亡をします。
任地を離れて向かった場所は、首都ラパス、ここには普段食べられない、日本食、中華料理、韓国料理、ピザ、フライドポテト、パスタ、ハンバーガー、ホットドック、ヨーグルトといった、日本にいたときに食べていたものと同じ食べ物が食べらるし、そしてインターネットもあるし、暖かいシャワーも浴びれる、酸素もちょっと濃いし、そしてなにより日本語をしゃべれるし。

なんとも天国のような場所です。
しかし、どんなに、美味しい食べ物を食べても、インターネットが快適でも、日本人と話しをしても埋められない心の隙間があるのに気づいたのです。

私のいる場はラパスではない、クラワラだと。そして、絶対諦めないという言葉を胸に、再び任地に戻るのでした。


ボリビアでの活動に自己採点すると0点でしょう。
しかし、その間もがき苦しんだ事は、今の私の糧になっている事は確かです。

そんな私は、ある思いを秘めて日本にかえります。
それは、ボリビアで得た事以外に、それまでに思ってきたこと、考えてきたことを全てふまえての思いです。

まず、私の好きな言葉です。
世界を救うには、ある人は愛だと言う、ある人は宗教だと言う、ある人は政治だという、また、ある人は音楽、スポーツ、笑い、教育、科学、お金、医療だと言う。だけど、世界は何か一つで救えるものだろうか、救えるのかもしれない、何故なら、そう信じる人達がいるから、だから、そんな人達に伝えたい、皆で協力しようよって。  

世の中をよくしたいって思う人はたくさんいるかと思います、しかし、現実は難しいです。
それはなぜだろうか、そんなのがこの言葉には含まれていると思います。
色んな人達が協力し合えた時、それは叶うのかもしれませんね。

わたしは、この言葉を精神的な柱にして、色んな意見の人と協力しあっていくこと
それは、自分から色んな場所に出向き、または、尋ねられてきた縁を大切にして、仲間の輪を大きくしていくことでもあります。やっぱ、一人じゃ何にもできないですから。


次に、世界平和とは何か、、、
それは、永遠のテーマかもしれませんね。
しかし、私が思うにはみんなが、幸せを感じることではないのかと。
そこで、私は聞きました、日本にいるときは日本人に、ボリビアにいるときは、ボリビア人に、、

その答えは人それぞれです。
しかし、みんなの意見を聞いてみると、それぞれの感じる幸せとは、絶対無理という実現不可能なことではないんじゃないかなと思ったのです。
なので、その幸せを一つでも多く叶える事ができたら、世界平和は近づくのではないのでしょうか。

そして、私はみんなの幸せを叶えるために、まずは自分の思う幸せを叶えること、
それは、自分の作った野菜を、友人や家族と一緒に他愛もない会話をしながら食べることです。
私はボリビアにいて感じてたんですね。美味しいものを大好きな人達と一緒に食べる事が、どんなに幸せかを。
だから、今はその思いを叶えたいと


そして、国際協力。
学生時代に色んな、NGOの講演会やセミナーに参加してみて思った事があります。
それは、どのNGOもお金がない事です。現地にとって必要な支援がお金がない事によってできない、職員の給料すらろくに払えない。また、寄付金をもらって、お金を得たとしても、その資金提供者の意向によって、ほんとに必要な活動ができない。そんな現実がNGOの中にはあるのではないかと。

逆に、資金が豊富にある、国際機関や各国の出先機関はというと、ひも付きの支援があれば、住民の意向を無視した開発やプロジェクトもある。このことは、以前から話には聞いていたのですが、いざ自分がボリビアに派遣された事によってしみじみと実感したのでした。

お金があっても、お金がなくても、思うようにできなのが現実、必要なのは思うように使えるお金なのではないのかと今は思います。

なので、自分の自由になるお金、誰にも何も言われないお金を生み出しつつ国際協力に貢献していくこと。
そのためには、私は農業という職種を選んだのだから、この分野で独立採算で国際協力をしていく道を作っていこうと思ったのです。


そして、この大きな三つの思いを胸に2012年1月、日本へと帰ってきたのでした。




それから、はや1年
私は今、福井県にいるのです。
たぶん人生で、、、、うーん、、、、何個目の場所だ!?

そのくだりは、のちのち書いていこうと思います。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uguisuflyflyfly.blog111.fc2.com/tb.php/263-548866bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

燃えている «  | BLOG TOP |  » あらためまして、私が佐藤高央です。

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (5)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)
トウモロコシ (0)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。