topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NPO法人Difar - 2013.02.02 Sat

さて、二軒目は同じく津市美杉とうい場所にある、NPO法人「Difar」の国内事務所を訪れた時のことである。

「Dirar」は10年前から、ボリビアのコマラパという所で、生ゴミ堆肥の回収、生産をしている団体である。青年海外協力隊で農業隊員として行った瀧本さんが、任期終了後に再び現地に戻ってきて、活動をはじめたのである。

ボリビア人はゴミを分別しないので、生ゴミ回収するだけでも大変であったと思うが、私が見学に行った時にはその分別がしっかりされていて、凄いなと関心したのを覚えている。

そんなDifarの活動が認められてか、今はコマラパの近くの町、バジェグランデで同じ活動をしたい要請されて、あらたな広がりをみせているのである。


そして、新たにバジェグランデで活動するためDifarは外務省の草の根の資金協力を得て、そのために国内事務所を開設したのである。

その噂を聞きつけて、今回ぼくは、国内事務所にやってきたのだ。

短い時間ではあったが、色々お話を聞くことができてとても有意義な時間を過ごせる事ができたのだ。
その中で、資金の話になった。

詳しくは話さないが、どうやら、受け入れ国のボリビアに問題があり、草の根の資金がなかなかおりないのである。今後どうなるかはわからない状態だそうだ。

この話を聞いて思うのだが、国際協力と資金の関係は切ってもきりはなせないなと再認識したのである。
日本のNGOも現地NGOも自前で運営する資金がないから、外部からどうしても援助してもらうしかない現状が多くを占めている。

資金がスムーズに手に入ればそれはいいが、入らなければ何もできないのだ。
そのために、資金繰りで苦労するのだが、僕はその資金ぐりの苦労が無駄に感じるのである。
誤解がないように言っておくが、資金繰りをする事が悪のではない、ただ資金を得るために、無数の資料を書いたり、ドナーを見つけたりする時間と労力が、本来すべき活動のために注ぎ込めれないのがもったいないと思うからだ。

このような問題はどこでも起こっている事だと思うが、改めて聞くと、国際協力の問題点だなと強く思うのである。

では、一体どうやって行くことがいいのか、それはこれからの僕の課題であり、今、僕らの農園でやっている事を続けていく事で見つけ出す事ができるのではないだろうかと思うのであった。



そうそう、このブログでは、まだ、農園での野菜栽培以外の活動を書いた事がなかったので、今度その事も書いていきたいと思う。


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uguisuflyflyfly.blog111.fc2.com/tb.php/268-3de32cfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

発酵玄米 «  | BLOG TOP |  » 日本に住む外国人

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (5)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)
トウモロコシ (0)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。