topimage

2017-04

一生もののギターを探して(試奏してみた) - 2014.08.23 Sat

京都の老舗、ワタナベ楽器店にやってきました。入る前から緊張して、お昼も余り喉が通らないくらいに。



そして、6本のギターを弾き比べたのですがどれも、素晴らしいギターばかりでした。

ここから選ぶなんてある意味残酷です、だってどれも良かったのですから。

弾いた順にどんなんだったかというと。

まずはTaylorの528e
オールマホガニーサウンドは暖かくて軽やかな音色。大きなボディの筈なのに、重くなく、弾きやすい。現在、アメリカナンバーワン、メーカーは伊達じゃなかった。

次はGibson Hummingbird Ebony
やっぱりみた目は一番美しかった。そしてサイズも少し大きめであったが、それだけ、音もでかかった。ちょとまだ緊張が解れていなかったにも限らず控えめに弾いても音がでるのだから。流石である。

Martin D28

弦、一本一本がしっかり鳴っているのだ。このギター弾いた瞬間、マーチン恐るべし、マーチン恐るべしと震撼したのである、これがマーチンの実力かと。
年間、6万本は作っていると言われるマーチンギターだが、マーチンが誇る工員が丁寧に一本一本、作っているのが伺えるのである。このメーカーに限って外れは無いのだろう。故に、世界最高峰のギターメーカーなのだろう。

Austrias Trad D Reverence
いやー、想像以上だった。ギターの胴が鳴っているのだ。身体にその振動が伝わるくらい。よく、ギターの音色で
ドカンという表現を使うが、この表現はこのギターの為にある言葉なのだと思う。そして、1弦7フレットの音だけは尋常じゃなかった。この箇所だけだが、えっ、俺、エレアコ弾いてるのって錯覚してしまうくらいなの鳴りなのだ。

Headway HD 115 SE ATB
こちらも感動の鳴りの一品だった。アディロンダックの特徴がはっきりとわかる音色、弾いた瞬間にパワーのある音がバンと飛び出てくるのだ。これはたまらない、特に、早いストロークで左手でミュートを挟む、僕の好きな演奏法にとてもピッタリな感じだった。なんか、指が痛くならないなら、ずっと弾いたい感じである。

Kyairi LO 120 道前氏作
実は、このギターだけ、僕が店員さんに頼んだギターと違うギターを持ってきたのだ。どうやら、ヤイリギターのLO120カスタムメイド。道前氏作の一品だ。しかもカッタウェイであまり欲しいタイプではなないし、大きさもほかのに比べると少し小ぶりあり、今までの5つのギターに満足していたから、満足感一杯であまり期待していなかったのだ。
しかし、こいつは化け物だった。
なんだこいつは、小ぶりの割には、奥行きのある深い音色がするんです、一瞬にこのギターの音色に虜にされたのでした。

さてさて、6本から4本に、4本から2本に自分の購入したいギターを絞っていったのですが、もう、非常に苦しかったです。
だってどれもいいんですから。サンドホールから音の塊が出てるんではないかと感じ、ギターの胴が震えているのを感じ、一音一音がしっかり出てるのを感じる。今まで僕が弾いてきたギターにはどれもありえなかったものを感じたのです。
というか今まで弾いてたギターはおもちゃであるかのように、ギターって本当はこういう音色がするもんなのだと面食らったてしまいました。

そして、多分4時間は引き比べをしていたと思います。途中、店員さんい弾いてもらったりして、聞く側で音を聞いたりしながら、指が痛くなり、弾きつかれるまで、引き比べをしたのでした。
そして、最後の2本になってから、1時間ぐらいは、どちらにしようか迷ったのです。

そして僕が選んだギターは、、、





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uguisuflyflyfly.blog111.fc2.com/tb.php/321-9a08e2d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一生もののギター «  | BLOG TOP |  » 一生もののギターを探して(最終候補)

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (5)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード