topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉箸アカカンバ - 2014.10.31 Fri

先日、初めての敦賀上陸を果たしました。

敦賀とは、福井県の南の中心となる町の事で、僕の住んでいる、福井市からちょっと遠いのでなかなか行くことができなかったのですが、今回、野菜ソムリエのメンバーとイベントに参加するために行くことができました。

さて、そのイベントとは、敦賀物産フェア―なのですが、そこで、杉箸地区であかかんばを生産している生産組合の方と野菜ソムリエのコラボという事で、メニュー提案、そしてアカカンバの紹介を致しました。


僕の役目は、アカカンバの紹介という事で、生産者さんを交えてのご紹介をさせて頂きました。
アカカンバとは、赤カブの事なのですが、そのカブの呼び名がカンバと呼ばれていることから、アカカンバと呼ばれているんですね。

という事で、会場入りをしたのですが、おいおい、待ってよ、聞いてないよこんなでかい会場とはと、田舎の施設だから小さいだろうと、軽い気持ちでやってきたので、そのあまりの大きさ、そして徐々に増える人、人、人にどんどんあがってきてしまったのでした。

事前準備はしていたもの、緊張のあまり、調べた事が~
でも、どうにか司会のお姉さんと生産者さんのおかげで、お話することができました。



ちなみに、日本で生産されているカブは実は3県でその生産量は50%を越えるそうなのです。
ちなみに、千葉、埼玉、青森

そして、生産量の約95%が12の県で生産されています。なので、皆さんが食べる、スーパーで買ってくる野菜のほとんどが、この12の県のカブで福井県のカブというのは非常に少ないんですね。

そして、カブには大きく分けて、二つの種類があるのです。
一つは東洋種、一つは西洋種です。

日本の西側が東洋種が主流で、東側は西洋種が主流。
そして、その東西品種の境目になる所をカブララインと呼び、福井県はそのカブララインが通っていて、両品種のある珍しい地域でもあるんですね。

そんな敦賀の杉箸地区のアカカンバは5農家、8人の生産者しか作っていないという、かなり希少なカブ。
とっても珍しいカブなんですね。


緊張はしたものの、そんなアカカンバを作っている農家さんの方とお会いできてお話できたのは大変有意義な時間をすごせました。一つ僕も勉強になりましたし~



さて、杉箸アカカンバ、出荷時期は、10月から、2月頃まで、色々な加工品もありますので、この機に是非食べてみて下さい。











スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uguisuflyflyfly.blog111.fc2.com/tb.php/340-fbe2fa93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/11/01 09:20)

福井市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

晩秋の思い出 «  | BLOG TOP |  » タンジュサリ農林高校一団来園

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (5)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)
トウモロコシ (0)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。