topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイミング!! - 2014.11.10 Mon

いやーブラックビスケッツのタイミングって曲いいよね。
しかも、Goosehouseのアレンジしたギター、超かっこいい~

という話ではなくて、インドネシア人研修生の寮生活の話である。

福井に来て2年と半年がたったのだが、来た当初から思っていたことがある。
彼らの寮生活のなってなさである。

寮生活は、他人と暮すという大変な部分があるが、そのマイナス面が霞むくらい、プラスな面が多いと僕自身は思う。
しかし、毎日一緒に昼食をとるので、彼らの生活を一番近い所で見ている僕としては、彼らの寮生活はそのプラスの面が全然表れていないのだ。
むしろ一緒に暮らすというメリットがデメリットになっている。

詳しくは悲惨すぎるので述べないが、僕はずっとこの寮生活を改善したいと思っていたのだ。(僕個人も寮生活を6年はしていたので、もっとこうすれば快適なのに~と思う所がたくさんあったので)
思っていただけか~と思われる方もいるかもしれないが、何もしなかったわけではない、色々あの手この手で試してみたものの、うまくいかなかったのである。

それに、言葉で大変、仕事で大変、勉強で大変な彼らに、生活まで指導されるというのは、自分だったら嫌だなと思うし、そこまで口出しされたくないだろうと思って、あまり口をすっぱくして言う事はなかったのだ。

そして、彼らの元々の生活を知らない僕としては、まずは彼らと同じ事をしてみて理解してみるか~と彼らと同じ事をしてみると、僕自身もやばくなり始めた。なので日本人の心カムバッ~クという事で、今は持ち直しているが。

これじゃダメだという事なので、逆にここで君らはせっかく日本に来たのだから、日本の価値観を学ぶべきだ、日本人のように振る舞いなさいという事も言ってもいいのかもしれない。だが、その、さも正当である感じがするが、これは少し乱暴である。彼らの唯一の憩いの場まで口うるさく言われたはたまったものではないし、強制的に変えたとしてもそれは根本的な解決にはならないので、結局は元の木阿弥になってしまうからだ。ただ僕みたいに彼らに馴染むのもどうかと思うが。

そんなこんなでどうしたらいいのなあ~と、何も打つ手がないまま今の状況が続いていたのである。
まぁ冷たく言えば、寮生活は僕の寮生活ではない、インドネシア人の子の寮生活なので、僕の知った事ではない好きにすればいいと。でももっとしっかりした寮運営をしたら、みんな快適に暮らせるのにとアドバイスしてあげたい気持ちもある。しかし彼らと一緒に過ごした日々で一つだけわかった事がある。
当たり前かもしれないが、彼らが寮生活を良くしたいと思わない限り、外部からああだこうだ言っても何も変わらないということだ。


そんな事で2年半、何とかしたいなと思う気持ちと、はんば諦めの気持ちが交差する中で、とある事件が起こったのだ。

寮の備品の管理である。
それはプリンターのインクだ。

彼らにとって勉強に使うプリンターは必要不可欠なのだが、それを注文していなくて切れてしまったのだ。
それでは勉強ができなくて困る。必要な資料を印刷できなくて怒られる。

ちなみに備品は日本人にお願いして買う事が多いのだが、その担当はリーダである3年生が行っている。
なので、どうしてもリーダーに負担がかかり、何か間違いがあればすべてそのリーダーが怒られるのだ。


そして、最近、そのリーダーが怒られることが増えたのだ。
寮の運営がしっかりしていないのはリーダーの責任であると。

確かにそうであるかもしれない。
一昨年のリーダーは何でも自分でできた、だから、特に問題はなかった。
去年のリーダーは強権を敷いて、後輩にさせていた。

なので、頭が変われば、寮体制はその時のリーダーで変わるのかもしれない。

しかし、僕の目から見ると今のリーダーがあまりにも可哀想なのである。
なぜなら、他のインドネシア人の子達は、自分も関係する事なのに我関せず、私は関係ありませんという顔でリーダーに協力をしないのだから。

そんな姿を何度も見てきたことから、リーダーが変われば確かに変わるかも知れないが、根本的な解決に繋がらず、来年はいいかもしれないが、再来年はダメという事を繰り返すのではないのだろうか。

さて、この事件と一連の出来事により、現リーダーは考え始めている。
このままではいけないなと、なんとかしないといけないと。

そしてこれは、僕の待っていた、自分達で改善していきたいと思いだして寮生活を改善していくタイミングなのではないかと。他の三人はわからないが、一人でも今の状況を改善しなくてはいけないと思う人が1人いればこれはチャンスであろう。


ブラックビスケッツのタイミングでも歌っているではないか、「どんなにいい事だって間が悪いとカチンときたり」
今が彼らの寮生活にメスを入れる絶好のタイミングなのだろう。












スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uguisuflyflyfly.blog111.fc2.com/tb.php/345-7ddabcfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

野菜ソムリエコミュニティー福井の交流促進を考える。 «  | BLOG TOP |  » やっぱ師匠は必要でしょう。

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (5)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)
トウモロコシ (0)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。