topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後少しでインドネシアだ。 - 2015.01.21 Wed

準備も進め、インドネシアに行く準備がだんだんと整ってくると、ホントにインドネシアに行くんだという気持ちがフツフツと沸いてきて、最近、心ここに非ずの状態の私です。


さて、前回のエントリーでは今回のスタディーツアーの目的を書きましたが、実はもう一つ面白い所に訪問するんですよね~

それはバリ島

観光!?

海!?



確かに海好きのわたくしとしては是非バリの海に潜ってみたいのですが、海には行かず、山に行くんです。
そう、バリ島の山間地域で農業を営んでる、日本人の畑を見にいくのです。


日本人が海外で就農と聞いただけで、涎が出てきそうなとっても興味深い事なのですが、それを現地に行って話を聞けるなんて、涎だけじゃ足りず、涙もでてきそう。

さて、そんなバリ在住の日本人の方とメールでやり取りをしていたのですが、話を聞いていると、どうやら自分と同世代の人だとわかったのです。


勝手な想像で、中年の方が就農していると思っていたので、少しビックリしました、同世代で海外で就農してるとは、、、
実は、僕自身も、一度はボリビアで就農するという選択肢を考えていて、そのための繋がりを作って日本に帰ってきたのでした。

ただ、その時は、日本でゆっくりしたい、もっと農業技術を付けたいと思っていたので、結局はその道は選ばなかったのですが、、、

なので、自分の選ばなかった道を選んだ方に、なぜ海外で就農したのか、是非とも聞きたいのです。
どうして、日本ではなく、海外なのか。

そんな思いも秘めて、今回のインドネシアに行くのがとても楽しみなのです。

ほんともうちょっとでインドネシア。


ちょっと余談になりますが、10年来の同士を紹介したいと思う。

モーリスのミニギター  愛称 サンバー

彼との出会い10年前、僕が二十歳になるちょっと前の事である。
新宿のPePeというビルの6階にある島村楽器というお店があるのだが、当時、暇さえあれば僕はそこの店に通っていたのである。楽譜を見に行ったり、弦を買ったりと。

その時だ、サンバーが僕の目に止まったのは。
丁度、海外に行くことが決まっていたのと、当時の愛機がおしゃかになってしまっていたので新しいギターを探していた。
小さめのギターで持ち運びできるやつと

だからサンバーと出会った瞬間、僕は一目惚れしていたのだ。こいつと色んな所へ行こうと。それから数か月、お金を貯めて、やっとの思いでサンバーを手にした。

それからというもの、サンバーは僕の行くところをいつも一緒に付いてやってきたのだ。
国内はもちろん、インド、パキスタン、フィリピン、インドネシア、そして僕の友人に連れられて、アフリカまで行っているのだ。

そして、こいつのお蔭で、とっても楽しい思いをさせてもらった。毎日のように色んな人と歌って。

しかし、僕はサンバーをボリビアに連れて行かなかったのだ。
理由は色々あるのだが、書くと長くなるので割愛する。
しかし、今思うととても可哀想な事をしてしまった気がする、2年間、誰にも弾かれなかったのだから。
それにサンバーの特徴は、持ち運びやすいギターという事だ。
決して音はよいとは言えない、だからこそ、どこかに行くときに持って行かなければサンバーを活かしてやれないのだ。

だからこそ、久々の海外、外国人とギターをジャカジャカ弾いて楽しみたいという気持ちと同じほど、サンバーを持って行きたかったのだ。

しかし、現実は無情である。

福井から関西に行くビックタクシーに楽器の持ち込みを拒否されたのだ。
ちなみに、いつもハイそうですか仕方ないですねと諦める私ですが、今回ばかりは粘った、壊れても損害賠償とかしないからなんとか言って、それに自分が抱えて持っていくつもりだったし。しかし、そのかいもなく別の方法を模索する事に。

でかい袋に入れてカモフラージュする

というプランや

ハードケースに入れて関空に送り、預け荷物にするなど

しかし、現実的に、大きい鞄はないし、多分ばれるだろうし
ハードケースに入れると重いし、現地で目立つ、ハードケースに入っていると高価そうに見えるから、余計目に付く。
今回はスタディーツアーの会計役も担うので、そんな自分が自ら狙われやすい状況を作るのはあまりにも責任感にかける行動になる。

そういった思いから、僕は今回もサンバーを連れて行くことを断念するしかなかったのである。
ごめんよサンバー

ただ仕方ない事を嘆いてもしょうがないから、心を入れ替えて行こう。

かなり私的な余談ですが、僕とモーリスのミニギター、サンバーにまつわる、事の顛末でした。










スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uguisuflyflyfly.blog111.fc2.com/tb.php/361-3973275c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

出発前夜 «  | BLOG TOP |  » もうちょっとでインドネシアスタディーツアーじゃん

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (5)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)
トウモロコシ (0)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。