topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一杯のお茶 - 2015.02.21 Sat

デンパサールの空港での出来事である。

なけなしのお金で、ペットボトルのお茶を買った。
ホントはフルーツの生絞りジュースを買いたかったのだが、お金が足りずに仕方なく買ったのだ、それは喉を潤すどころか、逆に水をおくれと懇願したくなるような甘たるいお茶であった。

すっかり失念していたことだが、この国も例に漏れない、甘たるい飲み物を好む国であった事を。
しかし、僕自身がその事を失念するには訳があったのだ。


ペットボトルのお茶を購入するちょっと前の出来事である。
ツアーに参加したメンバーが、インドネシア研修生のおもてなしについて話していたのだ。

話し手は、インドネシアに住んでいた方々で、ワントの村で、甘いお茶が出なかった事に驚きを表していたのだ。
彼女らの話から、インドネシア人は非常に甘い飲み物を好むといっていたのだ。確かに日本でタタン君とコーヒーを飲みに行った時、彼はコーヒーに砂糖を5本入れていたのが脳裏に甦えったのだ。

ただ、ワント君はコーヒーをブラックで飲むのが好きであったから、ただ彼の好みで甘くないお茶が出たのだと、いやむしろそこに、おもてなしの心があったことすら気づかなかったのだ。お茶は甘くなくてあたりまえでしょと

それを、二人から教えられたのだ。
普通、インドネシアで歓迎を受ける時は甘いお茶が出て当たり前、それがインドネシアでの習慣であり、おもてなしなのだから。そこで、甘くないお茶を出すのはインドネシアの文化ではありえないと。

そして、その甘くないお茶は日本人が甘いお茶を好まない事を知っていたワント君たちからの気遣いであると。

その話を聞いて、頭では理解できて、非常にワント君たちの気遣いにありがたく感じたのだが、その時はそれ以上に思わなかった。

ふーんそうなんだというレベルで

そこに冒頭のペットボトルのお茶である。
結局、このお茶は飲みきれず、捨てる羽目になってしまったのだが、こんな甘いお茶をツアー中、飲まずに済んだのは、ワントらのお蔭であったのだとやっとここで痛感したのだ。

今、思い返せば、農林高校での歓迎の席で、実はめちゃくちゃ甘いコーヒーが出された。
僕の隣に座っていたワントがそのコーヒーを飲み、僕以上に悪態をついたのだ。このコーヒーは甘すぎると。
そして僕に謝るのだ、ごめんコーヒー甘すぎるねと。
その時は、ワントがブラックが好きだから彼の好みに合わなかったのだろうぐらいにしか思っていなかったし、なぜ謝るのか全く意に解していなかったのだ。だが、今ならわかる。

その後、全く甘いお茶が出てこなかったのも、彼が甘いコーヒーに悪態をついたのも、僕に謝ったのも。
日本から来た僕らへの彼らからの気遣いであった事も。

それは彼が3年間、日本人と共に仕事をしプライベートを過ごして得られたものだと


話はまとめに入ろうと思う。
インドネシア研修生と3年間過ごした事で、僕にはやり場のない思いがうっすらうっすらと募っていっていた。
このプログラムを初めた代表を始め、この活動はボランティアである。正直言うと、このボランティアに相当な時間を取られていた。しかも代表は身銭をきってまでやっている。

仕事をすればお金が、ボランティアをすれば精神的な喜びを得られるのがセオリーであるが、現状ではそれを得られる事が全くできず、ワントとの再会のエントリーで書いた通り、なんのためにやるのか分からなくなっていたのだ。
まぁ、何か見返りを得るためにこのプログラムに参加したわけではないが、僕も普通の人間、これが自分の子供であったら、または恋人であったら、無償の愛情で接する事ができたのかもしれないが、あいにく、彼らは僕の子供でもないし僕は同性愛者ではないのでもちろん恋人でもない。ただの他人であるのだから。

そんな事を書いてしまうと、ちょっと寂しい人間に思われてしまうが、そんな事はなく、むしろ他人だけど、彼らのために何か役になりたいという気持ちは人一倍あるとは思っていた。

ただ、その思いが強いがゆえに、独りよがりの考え方に陥ってしまっていたようだ。
自分の意図した結果が欲しいと。

けど、その結果、返ってきたものは自分の期待したものとは違い、僕のやっている事は本当に意味があるのだろうかと。それがゆえに僕のモチベーションとクオリティーが自分でもわかるぐらい下がっていっていた。そして今思うと、それは彼らには大変悪い事をしたと。

さて、そこで今回のスタディーツアーが僕に一つの答えをくれたのだと思う。
それは、自分の意図した結果を得る事ばかりに目が行っていたゆえに陥ってしまった今の現状。
しかし、帰っていった彼らは、僕の意図していなかった事だけど、3年間の日本の生活で実は沢山の事を得て帰っていったのだ。それを最後の最後にペットボトルのお茶を飲むことでしっくりと自分の中でストンと落ちたのであった。

だから今なら思える。これからは、自分の意図した結果を求めるのはやめようと。それは一人よがりな考えであり、人はそれぞれ性格も感性も違うのだから、それぞれ学ぶ事も違うのは当たり前なのだから。スタディーツアーに参加した人たちもそれぞれに感じた事が違うのにそんな当たり前の事に今まで気づけないでいたのである。むしろそれよりも、自分の意図しないものを彼らが3年間で何を得ていくのか、それを楽しみにしていけたらと思うようになったのである。ワントの日本人への気遣いのように

そして、もう一つ、このツアーに参加してよかったのは、インドネシア研修生に関わる人たちの想いを知れたことも大きかった。一緒に仕事をしているが、やっぱり仕事中に深い話をすることができなかったので。そして、とてもありがたい機会を頂いた事を関係者一同の御礼申し上げて、この一連のスタディーツアーのエントリーを終わりにしたいと思う。

皆様、大変お世話になりました。













スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uguisuflyflyfly.blog111.fc2.com/tb.php/373-311ce5a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウサギとカメと私 «  | BLOG TOP |  » 松山農園訪問

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (5)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)
トウモロコシ (0)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。