topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと嬉しかった事 - 2015.06.20 Sat

昨日、地域の陸上競技大会に助っ人として参加してきました。
助っ人というより、研修所の上司に無理やり出さされた感があるけど.......

成績はといいますと、個人種目で800mと1500mに出させてもらって見事両方とも
一位を獲得しました。他のメンバーも奮闘して一般男子(20代)優勝を勝ち取ることもできました。

たかが地域の陸上大会といわれればそれでお終いですけど、個人的には少し、いや、とっても嬉しかったんです。


宮古島はスポーツの盛んな地域で、島民の運動能力がとても高いですよね。
普通に中学の公式ぐらいのレベルのタイム出すんですよ。
わざわざ出場して、惨めな思いをしたくないから、出るのは嫌だったんですけど、これも地域との付き合い、
それにチームのオジイ、オバアの期待をむげにできず、
私情は捨てて参加することにしました。
 

それと、陸上競技大会に出たくない理由にもう一つあります。

それは、少し昔の話です。こう見えても、わたくし、元陸上部で、足が速かったんですよね。だから、走るの好きでした。

しかし、中学、高校の時に痛めた、太ももが、大学一年の光ジュ大運動会で、肉離れになってしまったのです。
それからというもの、肉離れは慢性化してしまい、二度とトップスピードで走れなくなってしまいました。


今では、同期の話の中では運動会で肉離れになった事は笑い話になってますが、
未だに、足も心も癒えぬ傷となっています。

幼稚園の時から、リレーの選抜選手で、運動会ときたら、
自分を輝かせる、かっこうの舞台だったんです。

言い換えれば、僕にとって、足の速さは、佐藤高央という人間を表現するための
最大の能力だったんです。

それが、奪われたとき、私という人間から自分を形作っているパーツを
根こそぎ削りそられるような悲しみに打ちひしがれました。

しかし、いつまでも悲しんでいてはいけない、解決の糸口は見つからないから、
その事について、心の奥にしまい込み、考えないことにしようと決めました。


しかし、再び、考える機会が回ってきたのが、今回の陸上大会です。
ビリになって皆をがっかりさせたり、怪我して迷惑をかけるのが嫌だった、
というより、昔のように、走る事ができなかった自分をみるのが嫌だったので、
短距離は選ばず、中距離を選びました。

それでも、走ることをやめた、自分は中距離すらも満足に走れる気は無く、当日でも嫌な気持ちのまままでいました。



しかし、本番にトラックに立った瞬間、気持ちが高揚していくのを感じたのです。

暑い夏の日も、寒い冬の日も、走り続けてきたトラック、練習きつくて嫌だった日もあったけど、走ってる時は、体が軽く、
このまま走っていったら飛んでいけるんじゃないかって思えた事もあった。今は昔のように走れないんだよって心の中では
わかっているのに、足が、足が、早く走りたいって、急かしてくる。
僕自身は走る喜びを忘れてしまっていたけど、足は未だに、走る喜びを覚えていたみたい。

何年かぶりに聞いた、ピストルによる合図、僕はまた、走る楽しさを知ることができた。



1500mの競技が終わった後、見た目弱そうな私が、最後の100mあたりで、
スパートをかけ、二人を抜き去り、堂々の一位になりました。
その状況は観衆を湧かせたらしく、一躍、有名になり、「農大のアフロ」という異名が付けらたみたいです(笑)
(解説:私は、東京農大の宮古亜熱帯農場で研修を受けています。半年以上、髪を切ってないので、頭がアフロみたいになっていることから、農大のアフロと呼ばれたみたいです。)

「まさか、あの状況で抜くとは思わなかった」「君が抜いたのはトライアスロンに毎年、出ている人だよ」「感動した。」
沢山のお褒めの言葉をもらえたのは本当に嬉しかったです。
なにより、走ることで、褒められた事が。

嬉しかったな、子供の頃、先生や周りの大人に褒められるように、無邪気に喜びを感じていました。
だけど、かつての速さが出ることは無かったです。ラストスパートでもこれ以上速く、走ろうとしたら肉離れになってしまうのを
感じたからです。
やっぱり、もう二度とトップスピードで走ることはできないんだな。
しかし、速くは走れないけど、長くは走れるんだ。
僕にとって新しい、走りの喜びを見つけました。それがなによりも嬉しかったことです。

来週も助っ人で今度は5000mを走る事になっているので、地域の人と交流しながら、楽しんで走ってきます。


p.s
ウミブドウ、海草なんだけど、これまた不思議な食感、口の中でプチプチ弾けるんだけど、それがまたなんともいえない。
丼に海苔とウミブドウをふんだんに乗せて、ちょっと辛めのわさび醤油をかけて食べるのがめっちゃ美味い。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uguisuflyflyfly.blog111.fc2.com/tb.php/415-469009df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

出発直前そして標高4000mの世界へ «  | BLOG TOP |  » 気付けば残り一ヶ月きってるじゃん

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (5)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)
トウモロコシ (0)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。