topimage

2017-03

オリンピック いやー 400mリレーには感動しました。 - 2016.08.31 Wed

うちテレビ無いんですけどね、もうかれこれ、13年ぐらいテレビないんですけどね。
だから、リオもロンドンもペキンもアテネもオリンピック見てないんです。


ですけどね、インターネットでyahooのtopページを見てたら、男子400mリレー 銀って出てるじゃないですか。


衝撃受けましたよ。男子トラック競技で日本人が銀をとるなんて。





一応、わたくし、中学時代は110mハードルの選手だったんですよ。
小学生の時 学校対抗の選抜陸上大会の時にハードルの選手に選ばれたのがきっかけで。

あの頃は、確か身長134㎝ぐらいだったかな。
はい、チビです。ですが、大会の記録で、8位に入って入賞したんですよ。

なので、この小ささで、入賞するぐらいなんだから、中学に入ったら、成長期を迎えて大きくなる。
そしたらもっと早くハードルを跳べると思って陸上部を選んだのですが、、、、、、、


思ったより伸びませんでした。



しかも、小学校の頃は跳んで、ハードルを跳び越えるのですが、中学ぐらいになると
背の大きい奴らはハードルを跨ぐんですよ。

こっちが一生懸命ハードルを跳びこえてる横で、あいつらは跨ぐんですよ。
はい、やってられないっすよ


そこで悟りました。
陸上競技、(トラック競技)は小さい人でも活躍の場があるスポーツとは根本的に違うんですよ。

身体の大きさの差は決して埋まらないと。あれは最終的には身体能力の差で勝敗が決する競技なのですから。

いくらハードルを跳ぶ技術を磨いた所で、体のでかいやつらには敵わない。
足の長さが10cm違えば、同じスピードで足を出しても、一歩で10cmづつ離されていくんですから。




ようは、いっぱい練習してるのはどの選手も一緒、だから、最終的には足の長さが長い方が勝つのが当たり前。


そんなトラック競技。

そんなトラック競技で

バトン技術を磨いて銅が最高だろうと思っていました。
いやむしろ銅をとる事だって凄いのに


銀をとったのです。




いやー感動しました。
速攻youtubeで調べて、見てしまいました。

一人でスゲーと感嘆の声をもらしていました。


特に、選手のエピソードとか詳しい事は知らないですが。
大変な努力の末に得た結果には違いないでしょう。

それを思うと、もうスゲーとしか言いようがないですね。
それだけ、日本人には不可能と思われていた事をなしとげたのですから。


そんな男子400mリレーに勇気をもらえました。
何事も諦めずに頑張っていこうと。








スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uguisuflyflyfly.blog111.fc2.com/tb.php/458-ebe20151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オリンピックも素晴らしかったが農業だって素晴らしい «  | BLOG TOP |  » ブータンミュージアムからの依頼を受けて

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (4)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード