topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら市長 - 2010.06.16 Wed

4月の初旬、ボリビア全土で、各市町村の市長選挙が行なわれた。

クラワラでは、今の市長は選挙に立候補しなかった。

そう、彼は五月末付けでここから去らなければならないのである。

赴任して3ヶ月間、やっと仲良くなった彼と離れるのはとても寂しいものがあった。


彼は30歳でクラワラの市長になり、仕事も早く、部下の管理も行きとどいてる。
外国人の自分から見ても分かるぐらいとても優秀な人なのだ。

しかも、自分を呼んでくれたのは彼なのである。
彼が、市長としてクラワラに居たから自分は今ここにいられる。その一人一人との出会いは、宝くじで一等を当てるくらいの奇跡に近く、まして日本の裏側の人がボランティアの要請を出してくれて、自分がここに居る事を考えると、何か考え深い縁を感じるのである。

そんな市長が居なくなるのは、寂しいを通り越して、不安を感じる。
自分の活動に対して賛成的、協力的な彼がいなくてこれから活動はどうなって行くのか、新しい市長は自分を受け入れてくれるのか、トップが変れば下も変る。不安は募るばかりだ。

だけど、その日はやってきた。
最終日、彼のお別れ会として、皆でご飯を食べ、酒を飲み、踊りを踊った。
彼に最後に教えてもらったのは踊りの踊り方である。
できる男は踊りもうまいのである。

お酒が進み、会場も温まってきた頃、言葉では言い尽くせない感謝を市長に伝えるために歌を歌った。
曲は、ボリビア人に人気のリンダリンダとクラワラデカランガスという覚えたての曲であった。
市長は聞きながら涙を流し、耐えきれず途中で居なくなってしまったのだが、市長の涙には感じるものがあった。

三年間の任期、色々な事があったのだろう、楽しい事も、辛い事も、市長という立場から来るプレッシャーも、、、
苦労した分、終わった時に感じるものは大きかったのだろう。
苦労を乗り越えた者の流す涙は、どんな宝石よりも価値のあるものに感じられた。


新しい市長がやってきた。
これから何があるか分からないが、彼と同じように、困難を乗り越えて、去る時には笑って涙を流したいものだ。
DSCF2880.jpg

市長(ロムロ)と俺
スポンサーサイト

● COMMENT ●

No title

ロムロ、チビですね。

No title

ちがうよ~たかおちゃんが急成長したんだよ!

No title

ちがうよ、二人とも180第の大男だよ。ちょっと俺が高いだけ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uguisuflyflyfly.blog111.fc2.com/tb.php/50-fef5daff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

25年 «  | BLOG TOP |  » 初授業!?

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (5)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)
トウモロコシ (0)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。