topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマイパタへの道 - 2010.01.27 Wed

ボリビアに来て約二週間が過ぎ、少しではあるが外国の地での生活に慣れてきた。
やっと一人で買い物に行けるようになったぐらいだけど、、、(笑)


今週末は同期隊員に誘われてサンタクルスから少し離れたサマイパタという場所に行く事になった。
サマイパタにはユネスコに登録されているプレインカの遺跡があるということで、
遺跡好きの自分としてはとても興味のそそる場所である。

時間は車で二時間、今週土曜日は授業があったので4時からの出発。
帰りは遅くなるので一泊し、次の日にサマイパタを回ろうというプランで決定。

乗り合いタクシー(普通の車)という、8人乗りの車にドライバー、自分らは6人、他のお客が
二人の計9人が乗ってサマイパタに出発した。

ボリビアの交通事情はアジアの国々に行った事のある人はわかると思うが、ルールがあるのか無いのか
クラクションの鳴り放題、ぶつかるスレスレ、交差点は車で溢れかえっていて通過出来ない状態、
日本人からしたら渋滞を通り越して交通崩壊に見えるのだが、これでもボリビアの交通は成り立って
いるのであるから不思議でたまらない。

出発してまもなくたってだろうか、私たちは一つ目の誤算に気づいた。
当初、サマイパタまで2時間と聞いていたのだが、3時間かかると言われたのだ。
3時間はちょっとキツイ、しかも休憩無しだし、座席は狭いし
もう既に車酔いをしてるし、マジかよと思ったが乗ってしまった船はもう降りれない、
諦めてサマイパタに行くことにした。

            ~1時間経過~
 


景色が新鮮で、外を見ていた事もあってか車酔いも悪くはならず、快適な車の旅が続いていた。
途中から森林地帯を抜けて、くねくねとした山道に変わった。
景色は、東京から山梨に向けて通る中央道のようであったが植物の違いもあって、僕たち日本人を
飽きさせなかった。

一箇所だけ、ハイジが住んでいそうな丘を見下ろし、皆な興奮、自分だけ、由布院の山を
思い出し、2年の前の西日本一人旅を思い出していた。

しかし、景色を見て楽しむのも終わり。日が暮れて辺りは真っ暗闇に包まれてしまったのだ。
そこからは恐ろしい車の旅が始まったのだ。

                 ~後1時間~

自分の座った席は助手席、前が良く見えて最高の席だった。日が暮れてから、
正確には山道を登り始めてからだが、ハラハラし始めたのだ。
道幅は車二台がスレスレでやっと通れる道なのだが、ドライバーは荷物を積んだスピードの遅い
トラックを抜くのである。山道は視界が悪いので対向車が良く見えない、下手をしたら正面衝突である。

ドライバーがトラックを抜く光景を見ていてある事を思い出していた。
JICAの関連組織の中に青遺海の会というのが存在する。隊員を海外で無くした遺族が集まって
できた会である。この会が発足した理由にひとつ大きな事件があったのだ。


アフリカの国でJICA関係者10数人が乗ったバスが今自分が通ってる道のような所を走っていたのだ。
そのバスはトラックを抜こうとした対向車と正面衝突して大破、悲しくも乗っていたJICA関係者は3人を残してほとんどの方が無くなられてしまった。


まさしく、今自分の置かれている状況はその時と同じであり、よく道の端を見れば、花やジュースが供えられているではないか、その時はハラハラを通り越して無事に着けるように神にでも祈る気持ちであった。



                ~到着~
幸運に恵まれて無事に到着。

車から降りた時は3時間もの間車に閉じ込められていた苦しさからの開放と無事に着いた安堵感で一杯であった。
後からわかったのだが、今回通った道は国道であり、これでも整備された道路である、ボリビアでは安全なほうなのだ。だからボリビアにはもっと整備されてない危険な道が沢山あるそうだ。

今後の生活で車での移動は必要不可欠である。事故に会うのは運命かもしれないが、危険な道には決して行かない、穏やかなドライバーさんを選ぶなど、自分から危険避けていかなければならない。

尊い命を犠牲にして先人達が教えてくれているのだから、自分の命は自分で守っていかなければ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

人工知能じゃありません

いやいやいや、ね、どうもですよ。誰かは・・まあいいです
よね。
とりあえずドライバー選びは重要ですよ確かに。ただ穏やかな運転かどうかはわからないでしょうから、会うなり一発ひっぱたくとかして、怒らないドライバーを選ぶといいと思います。的確すぎるアドバイスに全俺が泣いた・・

No title

見つけたぜぃ ウッシッシ
サトちゃん真面目だね!
ソンナ君に送る言葉
「えぴつとけしごむ」
ほ~どよ~い脱力感な言葉だ~ね~
2年間は長いから!
砕けないようにゆるりと頑張ってね

No title

IA
誰ですかね、まったくわからないですね。
ドライバーさんは殴れないですね。

えんぴつと消しゴム
たじりさんですかね、外れてたらごめんねさい。
頑張りすぎていつも身体壊すので、あんまり頑張らないようにします。

スキマスチッチ

はずしたね~
せめて野菜Ⅰ内で悩んで欲しかった!
1年間同期として頑張った仲じゃないの!
AIさんも含めて野菜Ⅰです
ヒント:イニシャルイニシャル


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uguisuflyflyfly.blog111.fc2.com/tb.php/6-d05ae509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サマイパタの朝 «  | BLOG TOP |  » 石を売る人

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (5)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)
トウモロコシ (0)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。