topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去りゆく人々 - 2010.09.30 Thu

リンダリンダと言えば、あの日本人の18番として有名になっている。

なぜなら、パーティーがある度にマスアルトを担いで、歌っているからだ。
*マスアルトとはギターの名前で、もっと高くという意味である。


そして、今日も病院で歌ってきた。
なぜなら、仲良くなった見習い看護師と医者がクラワラから去るからである。

彼らは、現場で働く前に田舎の診療所で3ヶ月の研修を受けなくてはならなく
7月にクラワラにやってきて、もう直ぐ帰らなくてはならないのだ。

彼女達は、日本に興味を示してくれて、一緒に歌ったり、日本食を教えてあげたり結構仲が良かったのだが、居なくなるのはとても残念だ。
このクラワラでかけがえのない友達だったのに。

そして、去って行くのは彼らだけでは無いのがもっと残念である。
ボリビアに来て8カ月だが、数えると約15人くらいの友達がクラワラを去ってしまっているのだ。

その中には、最初の友達でもありボリビアの曲を教えてくれたリカルドもフランス人でクラワラに研究に来ていたアレナも随分前に去ってしまった。

正直言って、知り合ったボリビア人が自分より先に居なくなるとは思わなかった。

だが皆、短い期間ではあるが、言葉があまり喋れなくて辞書片手であった自分のスペイン語を聞いてくれたし、色々親切にしてもらった。
もし彼らの親切が無かったら、今頃どうなってかと思うと彼らには感謝してもしきれない。

そんな旅立つ彼らにいつも歌う曲がある、ゆずの「また会える日まで」である。
もちろん日本語ではあるが、中には曲を聞いて目を潤ませてくれた人もいた。
人と心が通じるのは日本人同士でも難しいのにボリビア人に自分の感謝の気持ちが通じた時はとっても嬉しかった。

意外と人の入れ替わりが激しいボリビアではあるが、今までの出会い、これからの出会いを大切にして歌っていきたい。


写真はサンタの隊員さんが来た時に一緒に歌った時のである。
P1010154.jpg

スポンサーサイト

● COMMENT ●

No title

高央ちゃん、懐かしい。
変わらず元気そうなお顔を拝見し、安心しました。

東京では、明日(3日)お会式だよ。
私も一生懸命仕事してきます。

No title

懐かしいって、まだ8カ月だよ。

もう会式なんだね、纏い懐かしいな。
取材、ボリビアまで来てくれるの楽しみにしています(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uguisuflyflyfly.blog111.fc2.com/tb.php/84-2f2d2807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

正義の制裁 «  | BLOG TOP |  » 再びオルロへ(後編)

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (5)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)
トウモロコシ (0)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。