topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベニ県への旅(番外編) - 2010.10.30 Sat

任地に帰ってきたらホットした。
そして、ルレナバケに比べたらクラワラデカランガスがなんて素晴らしい場所なのかを心から感じたのであった。

寒ささえ我慢すれば虫はハエぐらいで、蚊やダニはいない。
人は優しいし、リャマ肉やキヌアはうまい。

任地が最高と思えるようになったのは今回の旅で散々な目にあった事とクラワラに慣れた事だろう。
そして、当分は蚊のいる低地には行きたくない。


そこで思う事が一つある。
以前のブログに低地(カンバ)と高地(カジャス)は仲が悪いと書いたが、今回の旅でなとなく理解ができた。

気候の違いは人を大きく変えるのではないだろうか。
暖かい所に住んでれば、ビールも美味いし陽気も穏やかになる
寒い所に住んでれば、よく働いて体を温めたり、心も温かい人が多くなる。
同じボリビア人ではあるが、彼らはの性格は大きく違うのである。

ルレバナケからラパスまでは200kmしか離れていないがこの大きな違いは人を大きく変えているのだ。

また、高地に住み慣れた人が低地に旅行に行けば、暑さにはまいるし、蚊なんてもってのほか、二度と行きたくなくなるだろう。
逆もしかり、暑さに慣れた人は寒さに凍えて耐えられないだろう。

そして、お互いに、お互いの場所を嫌悪し、そこに住み人も嫌悪するのではないだろうか。
全員がそうだとは言えないが、少なからずそういった事も原因の一つにあるのではないかと今回の旅行で感じたのであった。

そこでもう一つ疑問が浮かんできた。
コチャバンバの人々は一体どんな人達なんだろう。
コチャバンバは標高2800mぐらい、気候は低地と高地の間を取ったところで、常春だと聞いている。

コチャバンバは低地の人も高地の人も素晴らしいと口を揃えて言う場所、是非どんな所なのか行ってみたいものだ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

No title

コチャはカンバとカジャスの間をとって中途半端な人間ってことでいいんでは?
でも、自分の目で見なきゃね。
ぜひいらしゃいな。

No title

Cochalo
それもまた興味深い。
けど、以前会った事のあるコチャバンビーノのはとても親切な人でした。
是非コチャバンバの人達と交流してみたいものだ。

No title

一理ある


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://uguisuflyflyfly.blog111.fc2.com/tb.php/94-500a5d86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

めちゃくちゃ «  | BLOG TOP |  » ベニ県への旅(動物編)

プロフィール

ゴンベイ

Author:ゴンベイ
ド~レ~ミ~ってちゃんと歌っているつもりなのに、人からは音外れてるよって言われるんだよね。トントントンってちゃんとリズムを刻んでるって思うだけど、人からは段々早くなっているよって言われるんだよね。でもメロディーもリズムも人それぞれ違うもんだと思うから、人と合わせて調和をとることが大切。そんな私のハーモニー、このブログで奏でていきたいと思う。

フリーエリア

サウンドハウス

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (41)
旅 (1)
活動 (5)
ボリビア (215)
プロフィール (2)
食べ物 (3)
農業 (8)
僕とインドネシア人 (16)
音楽 (31)
ブログの紹介 (4)
野菜 (10)
一生もののギター探し (11)
グワナコ戦争 (28)
スタディーツアー (18)
レシピ (8)
ベジラボ (5)
標高4000mに挑むまで (14)
ちょっと高いところからの景色を見てみたい (0)
京水菜 (5)
ミニチンゲンサイ (4)
トウモロコシ (0)

FC2カウンター

アーカイブでクラウド

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。